ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > OL・キャリアウーマントップ > 『殿といっしょ 6』

『殿といっしょ 6』

雨読夜話

殿といっしょ 6 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 6 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
大羽快
メディアファクトリー 2011-06-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
殿といっしょ 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 8 (フラッパーコミックス)
殿といっしょ 9 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 第5巻 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ (10) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 3 (MFコミックス)
殿といっしょ 11 (MFコミックス フラッパーシリーズ)


戦国武将を題材とした4コマギャグ漫画の第6巻。

冒頭からいきなり伊達政宗が投稿した漫画『機動武士ガンタイン』の原稿が出てきて、ボツにした編集部による付箋によるつっこみで笑ってしまう。

初登場となるキャラクターは極端に体力がない朝倉景鏡(朝倉義景の家臣)や山下清に寄せて描かれた高橋紹運(大友宗麟の家臣で立花宗茂の実父)などもいるが、最もヒットしたと思うのは伊達政宗の叔父でもある最上義光である。

謀略家というイメージからオールバック、ストライプの入ったスーツ、「も」の刺繍が入った皮手袋、「フォッフォッフォッ」という笑い声に狐のお面までつけて、いかにも秘密結社の黒幕といういでたちがじわじわくる。
しかも化かす謀略を立てているように見えてやっていることは普通で、いかに黒幕っぽく振舞うかにこだわっているのが面白い。

他にもお江の暴走や長宗我部元親と家臣たちのシリーズ、三国同盟をめぐる武田・北条・今川の関係者のドタバタ、足利義昭が細川藤孝にその文化人的な雰囲気とは裏腹な怪力伝説を問いただす話など、しょうもない笑いが続くのがいい。






にほんブログ村 本ブログへ

>> 続きをみる

雨読夜話の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
ほしい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

Ads by adbuzz

雨読夜話

「雨読夜話」のプロフィール

ufitさん

読んだ本の感想をつづったブログです。

九州在住の会社員です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ufit.blog3.fc2.com/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。
※■■■を当サイトのドメインに置き換えてください。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...