ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > OL・キャリアウーマントップ > 『呉漢 - 上巻』

『呉漢 - 上巻』

雨読夜話

呉漢 - 上巻 (単行本)
呉漢 - 上巻 (単行本)
宮城谷 昌光
中央公論新社 2017-11-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
呉漢 - 下巻 (単行本)
呉越春秋 湖底の城 第八巻
ギリシア人の物語III 新しき力
うみの歳月 (文春文庫)
呉越春秋 湖底の城 第七巻
天翔ける
草原の風(上) (中公文庫)
随想 春夏秋冬 (新潮文庫)
草原の風(中) (中公文庫)
草原の風(下) (中公文庫)


光武帝劉秀の大将軍として後漢王朝の建国に貢献した、呉漢の生涯を描いた歴史小説の上巻。
著者の作品では劉秀を描いた『草原の風』があって読んでいたので、これも読んでみた。

呉漢は洛陽の南にある南陽郡で小作人をやっていたが、仇討ちのために旅していた人物との出会いをきっかけに主人からも見出され、農場経営を徐々に任されることとなる。

その頃は前漢王朝が王莽に乗っ取られて新王朝になる頃のことで、呉漢はその王朝で亭長(現在で言えば駐在所長くらいの役職)になったが、客人となっていた人物が仇討ちを果たしたことで連座を逃れるために洛陽へ、その後は新王朝への反乱が続いて治安が悪くなったために河北地方へと難を逃れた。

そこでも多くの人とのつながりから北京近くの県令になり、河北を平定するために遠征してきた劉秀の配下に入ることとなる。
そこからは趙で前漢皇帝の血脈である劉子輿を騙る王朗の征伐や、劉秀が仕えていた更始帝と反目して自立を図ったことでも戦いとなるなど事態が展開し、呉漢は劉秀から大将軍に任じられて河北の騎馬軍団を率いて戦っていく。

前歴からも呉漢は学問はないが人徳があって本質を見抜く能力が高い人物として描かれていて、「小石が黄金に変わることはあるのか」という言葉が背景に語られている。

なかなか面白いので、続けて下巻を読む。





呉漢 - 下巻 (単行本)呉漢 - 下巻 (単行本)

宮城谷 昌光
中央公論新社 2017-11-08

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

にほんブログ村 本ブログへ

>> 続きをみる

雨読夜話の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
ほしい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

Ads by adbuzz

雨読夜話

「雨読夜話」のプロフィール

ufitさん

読んだ本の感想をつづったブログです。

九州在住の会社員です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ufit.blog3.fc2.com/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。
※■■■を当サイトのドメインに置き換えてください。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...