ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > OL・キャリアウーマントップ > 『明治維新 1858-1881』

『明治維新 1858-1881』

雨読夜話

明治維新 1858-1881 (講談社現代新書)
明治維新 1858-1881 (講談社現代新書)
坂野 潤治 大野 健一
講談社 2010-01-19

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
日本近代史 (ちくま新書)
未完の明治維新 (ちくま新書)
昭和史の決定的瞬間 (ちくま新書)
西郷隆盛と明治維新 (講談社現代新書)
幕末・維新―シリーズ日本近現代史〈1〉 (岩波新書)
伊藤博文―知の政治家 (中公新書)
明治デモクラシー (岩波新書)
戊辰戦争―敗者の明治維新 (中公新書 (455))
西郷隆盛 維新150年目の真実 (NHK出版新書 536)
「維新革命」への道: 「文明」を求めた十九世紀日本 (新潮選書)


日本が幕末期の開国から明治期の国会開設で近代化のひと段落がついた時期にかけてそれほど悪くない状態で乗り切ってきたことについて、当時の支配階層で「柔構造」が形成されていたためではないか?という仮説から明治維新を語っている作品で、歴史学者と開発経済学者という異色の組み合わせで執筆されている。
元々はイギリスの教授からの依頼で日本を含めた開発の比較をするために書かれた論文を、一般向けに加筆・再構成したものという。

この柔構造というのは以下に大別した4つのグループが対立したり協定を結んだりして、方向性の異なるさまざまな政策を実現していったことを指していて、例えば第二次大戦後に東アジアなどで多く見られた開発独裁などとは様相がかなり異なると指摘している。
  • 富国:大久保利通など
  • 強兵:西郷隆盛など
  • 憲法:木戸孝允など
  • 議会:板垣退助など
それぞれのグループの中にも保守派と革新派、手本とすべき国の違いなどもあり、さまざまな人物がくっついたり離れたりしていることが書かれている。
これを混乱していると書かれることが多いわけだが、本書では積極的に評価している。

こうした体制が成立した背景はというと、幕末に多くの藩で藩士たちが藩内で議論を深めたり他の藩との外交することで藩を超えたグループを形成するなどしたことが書かれている。

その中でも考え方の違いを越えてまとまりがあった薩摩、そして政争で主導権を握った派閥が前の派閥の政策をあまりひっくり返さなかった長州がリードした要因だとしている。
例えば薩摩では西郷、大久保、小松帯刀、吉井友実、伊地知正治らが考え方の違い(例えば伊地知は武力倒幕に反対で徳川慶喜の新政府への参加を主張)を越えてまめに連絡を取り合いながら自由に行動できたことが書かれている。

一方、執政の吉田東洋が暗殺されてから武市瑞山ら勤王党が失脚するまで後藤象二郎らが出てこれなかった土佐、重要な時期に横井小楠や由利公正らが干されていた越前、藩主のリーダーシップが強くて藩士間のまとまりが弱かった肥前などは、こうした部分で後れを取ったという。

そして明治を準備した江戸時代の社会、さらには梅棹忠夫の『文明の生態史観』なども用いて日本の地理的な条件も含めて話を展開している。

開発経済学者も明治について語っているだけあって、歴史学者の著作では出てこないような表現や概念も出てきて、思っていた以上に興味深く読むことができた。もっと売れてもいいと思う。






にほんブログ村 本ブログへ

>> 続きをみる

雨読夜話の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
ほしい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

Ads by adbuzz

雨読夜話

「雨読夜話」のプロフィール

ufitさん

読んだ本の感想をつづったブログです。

九州在住の会社員です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ufit.blog3.fc2.com/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。
※■■■を当サイトのドメインに置き換えてください。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...