ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > OL・キャリアウーマントップ > 『殿といっしょ 9』

『殿といっしょ 9』

雨読夜話

殿といっしょ 9 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 9 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
大羽快
KADOKAWA/メディアファクトリー 2014-08-23

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
殿といっしょ (10) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 8 (フラッパーコミックス)
殿といっしょ 11 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 6 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 第5巻 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ1 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 3 (MFコミックス)


戦国武将を題材とした4コマギャグ漫画の第8巻。
さすがにネタが苦しくなってきたのか、シリーズもののネタが以前よりも面白くなくなっているような気がする。

新たに登場しているのは人を挑発することを得意とする榊原康政や何を言ってもブラックな感じになる小寺孝高(後の黒田官兵衛)、姉川の戦いで活躍したとされる真柄兄弟や匂坂兄弟などだが、残りが少ないためか他のキャラクターと比べると後につながらない感じとなっている。
特に小寺は「とりあえず出してみました」という雰囲気が強い。

面白かったのは片倉小十郎が主君の伊達政宗から「瓢箪から駒」にまつわる福引でスベらされてしまうシーンや、長宗我部家の萌えネタで元親の息子の弥三郎(後の信親)が登場して弟の親泰や家臣たちが萌えてさらに気持ち悪くなる様子、真柄兄弟を上げて落とす描き方などで、このあたりは笑った。

つまらなかったのはいい加減飽きている真田ネタと、イヤミなキャラクターでも直江兼続に比べると弱い森蘭丸とツッコミ役の明智光秀のネタで、作者も疲れているのか?と思ってしまった。

残りの2作も購入したので、さらに読む。





にほんブログ村 本ブログへ

>> 続きをみる

雨読夜話の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
ほしい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

Ads by adbuzz

雨読夜話

「雨読夜話」のプロフィール

ufitさん

読んだ本の感想をつづったブログです。

九州在住の会社員です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ufit.blog3.fc2.com/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。
※■■■を当サイトのドメインに置き換えてください。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...