ページ内を移動するためのリンクです。

ブログ登録はこちら

人気ブログ

loading...

新着記事

loading...

人気記事

loading...

新着ブログ

loading...

トップ > OL・キャリアウーマントップ > 『殿といっしょ 10』

『殿といっしょ 10』

雨読夜話

殿といっしょ (10) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ (10) (MFコミックス フラッパーシリーズ)
大羽快
KADOKAWA/メディアファクトリー 2015-11-21

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
殿といっしょ 11 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 9 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 8 (フラッパーコミックス)
殿といっしょ 7 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 6 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 第5巻 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 4 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
殿といっしょ 2 (MFコミックス フラッパーシリーズ)
孔明のヨメ。(7) (まんがタイムコミックス)
殿といっしょ 3 (MFコミックス)


戦国武将を題材とした4コマギャグ漫画の第10巻。
次が最終巻ということもあるのか、ネタによっては話の伏線を回収して大体の収まり方を考慮したと思われる展開が多い。

例えば長宗我部ネタで、萌えキャラである元親に息子の弥三郎(後の信親)が生まれてもやはり萌えキャラだったり、土佐統一戦で残った敵役である一条兼定(IKKOやアジアン隅田似)がさんざんな目に遭いながらも四万十川の決戦に至る流れを進んでいるところがそうである。

また、信長と家臣たち、そして浅井・朝倉による姉川の合戦の話では浅井長政が変に株を上げたり、家康家臣の榊原康政が初登場なのに他人を怒らせる特長を発揮したり、浅井家臣の遠藤直経が前作に続いて怪しい活動をしているなどの話が描かれている。

伊達政宗と片倉小十郎の掛け合いでは、政宗が印章眼帯に凝って図案にこだわることから起こる騒動や、「眼帯剣・五郎八」というしょうもないスピンオフ漫画のところが面白い。

ここでも真田昌幸・幸村親子のネタは継続されていて、作者は大好きなのだろうが読む側としてはちょっと飽きている。

次が最終巻となるので、これも読む。





にほんブログ村 本ブログへ

>> 続きをみる

雨読夜話の人気記事ベスト5

>>ブロガーページ

 

このブログ記事の評価
項目 1 2 3 4 5   ポイント
笑えた
 
0pt
役に立った
 
0pt
ほしい!
 
0pt
人に勧めたい
 
0pt
驚いた
 
0pt

Ads by adbuzz

雨読夜話

「雨読夜話」のプロフィール

ufitさん

読んだ本の感想をつづったブログです。

九州在住の会社員です。

>このページをお気に入りに登録!

>ブロガーページへ

>URL:http://ufit.blog3.fc2.com/


▼このページのリンクバナーです。以下のソースをお使い下さい。
※■■■を当サイトのドメインに置き換えてください。





ページトップへ戻る

みんなの記事評価ランキング

loading...

カテゴリ

loading...